別人並の激変を遂げる【美容外科で理想の自分を手に入れる】

女医

埋没法と切開法

美容整形

埋没法

目が一重のため二重にするためにアイプチやメザイクなど手間をかけている人は数多くいます。アイプチをやりすぎてしまい瞼の皮膚が弛んでしまったという声も聞きます。美容外科には二重整形のメニューとして埋没法という糸でまぶたをひっくり返して何点か止めることによって二重を作り出す方法があります。脂肪やたるみが少ないタイプのまぶたの場合はこの整形方法で綺麗な二重を持続できます。逆に脂肪やたるみがある場合は糸で何点か止めてもすぐに糸が取れてしまい整形前の状態に戻ってしまったという声も聞きます。費用は高くても10万円以下で手術時間も30分以内に終了し、仕上がりが気に入らない場合は糸を取れますのでお手軽に出来る整形手術で人気です。

切開法

埋没法が向かないタイプの脂肪やたるみが多いまぶたの場合は埋没法で糸で止めているだけだと不自然な状態の二重やすぐに取れてしまいますので、組織や皮膚を切りとる切開法の方が綺麗に仕上がり長く維持可能です。切開しても加齢に伴いまぶたの皮膚がたるんでしまいますが、その場合はたるみ取りの手術が適用となります。ただし、切開をすると仕上がりが気に入らない場合に元に戻せない、腫れるため2週間はダウンタイムを確保できるかどうか、手術費用が20万以上と高額になるということを踏まえて慎重に検討する必要があります。そのため技術力や経験豊富な医師を探して十分にカウンセリングをしてイメージしている二重の状態を伝えることがポイントになります。